亜鉛と女性ホルモンの関係について知っておきたい事

亜鉛 女性ホルモン

 

亜鉛は女性ホルモンにも深く関わっているミネラルです。

 

男性ホルモンに対しては精力増強や精子量の増量、質の良い精子を作るため、とも言われていますが、女性の場合、女性ホルモンに亜鉛はどう作用するのでしょうか?

 

 

まず、亜鉛はホルモンの分泌を促す作用を持っています。

 

ですから女性ホルモンが正常に分泌されることが期待出来ます。

 

女性の卵巣には亜鉛が豊富にあり、黄体ホルモン、卵胞ホルモン両方に働きかけているのです。

 

亜鉛不足に陥ると、生理不順などのトラブルが起こりますから、亜鉛は女性にはなくてはならないミネラルだということが分かるでしょう。

 

 

また甲状腺ホルモンにも亜鉛は関係しています。

 

甲状腺は首の付近にある臓器です。

 

女性のほうが大きく、妊娠中や授乳期、月経の始まりに大きくなると言われています。

 

甲状腺ホルモンは細胞のエネルギーを高め、タンパク質の代謝をアップさせ、酵素消費を増やすのです。

 

つまり、甲状腺ホルモンは女性ホルモンと共同して若い女性のみずみずしさを保っていると言っても良いのです。

 

 

成長ホルモンとも深く関わっている甲状腺ホルモンは、幼少期から小児期のタンパク質合成を高め、体と精神発達に大きく貢献しているのです。

 

そこに買ってでて来るのが亜鉛というミネラルなんですね。

 

甲状腺ホルモンを細胞に取り入れるためには亜鉛が必要なのです。

 

ですから女性らしいみずみずしさも、子供の健やかな発達も、全て亜鉛があってこそのことなのです。

 

亜鉛が不足すると細胞は甲状腺ホルモンの作用を受け取ることが困難になりますから、代謝異常を起こす可能性が高くなります。

 

そうならないためにも亜鉛は常に体内に補充しておきたい成分です。

 

 

亜鉛サプリメントなどがよく販売されていますが、亜鉛そのもののサプリメントでも良いですし、その他ミネラルが豊富に混じっているマルチサプリメントでも亜鉛を補うことが出来ます。

 

自分にはどの成分が足りないのか把握してサプリメント選びをしましょう。