亜鉛サプリでアトピーが軽減する?亜鉛とアトピーの関係

アトピー肌やアトピーの人はたくさんいますが、それは亜鉛不足のせいで起きているのでしょうか?亜鉛と何か繋がりがあるのでしょうか?アトピーは生まれもったものと一般的には思われていますが、実際どうなのでしょう。

 

亜鉛とアトピーの関係は?

亜鉛は不足すると様々な症状を引き起こすと言われていますが、アトピー全ての原因が亜鉛不足とは限りません。

 

しかし部分的に影響を及ぼしている可能性は高いのです。

新陳代謝

亜鉛は300種類もの酵素に関係しているので、特に新陳代謝には深く関わっています。

 

新陳代謝が活発な人は肌の再生も著しく、アトピーとは無縁になりますが、新陳代謝が悪ければ皮膚炎が悪化することもあるのです。

痩せている

アトピー、アレルギーを持っている人は比較的痩せていることが多いと言います。

 

これは腸に弾力がなく、栄養素を吸収する力が衰えているからと言われています。

 

そこで亜鉛が登場するわけです。

 

食事の中から摂取出来る亜鉛は少量であるのに対し、アトピーやアレルギー体質の人は腸内での吸収が弱く、亜鉛を吸収できない可能性があります。

 

ですからアトピーが悪化する原因にもなっているのです。

亜鉛不足だと症状が悪化する

亜鉛は新陳代謝を促すと前述したとおり、亜鉛不足になると皮膚炎が悪化します。

 

亜鉛サプリメントなどで亜鉛の摂取量を増やすと、アトピーの症状が改善されるようです。

 

積極的に亜鉛を摂ろう

特にアトピー患者は亜鉛の摂取量が少ないと言われていますから、自分がアトピーである場合は、積極的に亜鉛を取り入れる食事を作るようにしましょう。

 

また食事で補いきれない場合はサプリメントを使うというのも良いでしょう。

 

亜鉛には自然治癒力もありますから、アトピー患者の自然治癒力を高めて、炎症を早く治す働きも持っています。

 

ですから亜鉛不足は色々不都合なことが多いのですが、亜鉛が足りているに事足りることはありません。

 

 

通常の食事に気を配る、プラス、亜鉛サプリメントで亜鉛不足を補って、アトピー性皮膚炎の症状を緩和させるようにしましょう。