亜鉛を取り入れると免疫力が向上するの?

 

亜鉛を取り入れると免疫力がアップすると言いますが、具体的にはどのようなことなのでしょうか?免疫力と言っても様々ですからね。

 

免疫力って?

まず、風邪など病気の原因となるウイルスが体内に侵入した場合、その繁殖を抑えたり、病原菌そのものを破壊するのが免疫力です。

 

やたら風邪を引いたり、なかなか治らないという場合は、免疫力が低下しているかもしれませんね。

 

 

そもそも何故免疫力は低下するのでしょうか。

 

それは年齢や食生活の変化、ストレスによって免疫力は低下すると考えられています。

亜鉛のいろいろな働き

抗酸化作用

亜鉛には免疫細胞という細胞を活発にする働きを持っていますから、活性酸素を除去する酵素の働きを助けてくれます。

 

つまり抗酸化作用としても働くわけですね。

病原菌抑制

風邪、ヘルペスなどの病原菌に対しても増殖することを抑制するので自然治癒を早めることが出来るのです。

粘膜の健康を保つ

また亜鉛には粘膜の健康を保つ働きも持っていますから、喉の痛みや鼻水を緩和する役割も持っています。

 

風邪の嫌な症状を和らげてくれるのが亜鉛です。

 

亜鉛は欠かせないけれど…

常に体の中に亜鉛を取り入れておきたいものです。

 

亜鉛サプリメントが売れているのは免疫力アップのためでもあるんですね。

 

しかし亜鉛を取り入れるのにはなかなか普通の食生活を送っていては取り入れることが出来ません。

 

それは食事の欧米化によって、亜鉛不足に陥りやすい食生活を送っているからです。

 

食品に含まれる亜鉛も少量ですし、1日量を摂取するのは大変なことなのです。

 

ですから亜鉛サプリメントなどで効率的に亜鉛を摂ると効果的に亜鉛のパワーを身につけられます。

 

 

活性酸素を除去する役割を持っている亜鉛は、体を錆びから守ってくれると共に生活習慣病の予防もしてくれます。

 

ビタミンAを体内にとどめる役割もありますし、風邪を引いたかな?と感じた際には亜鉛サプリメントで亜鉛を補うことをオススメします。

 

また牡蠣のシーズンであれば、牡蠣を積極的に食べましょう。

 

牡蠣には亜鉛がたっぷり含まれていますから、1個2個食べるだけでもある程度の量を摂取することが出来ます。