亜鉛サプリの飲み合わせで効果倍増!一緒に摂るとより効果的になる食べ物は?

亜鉛 飲み合わせ

 

亜鉛を何と一緒に食べると効果的に体内に取り入れることが出来るのでしょうか?

 

簡単なものであれば、効果的に効くということで、一緒に取り入れたいものですね。

 

 

一緒に摂ると効果的なものとしてクエン酸やビタミンCなどがあります。

 

動物性タンパク質を食べて亜鉛を体内に吸収させようと思ったら、卵一個加えるだけでもOKなのですが、最も良い方法としてクエン酸やビタミンCという、口が酸っぱくなるような成分と一緒に食べると効果的に体内に亜鉛を吸収させることが出来ます。

 

クエン酸と言えば、梅干やレモンなどに含まれている成分です。

 

 

亜鉛や鉄、カルシウムなどミネラルを吸収しやすい形に変えてくれます。

 

キレート作用と呼ばれているものです。

 

ビタミンCはキレート作用をさらに強化して亜鉛の吸収率アップに一役買ってくれます。

 

牡蠣を食べる時に梅干も一緒に食べるとか、そのようなことでも吸収率はぐんとアップします。

 

 

亜鉛サプリメントを飲む場合はレモン水と飲むなども良いでしょう。

 

組み合わせの悪いものもありますから注意が必要です。

 

お茶のタンニンは効果を打ち消してしまいますし、食物繊維は亜鉛をはじめその他ミネラルも一緒に排出する作用がありますから、朝亜鉛サプリメントを飲むのは避けたほうが良さそうですね。

 

亜鉛が不足すると

亜鉛不足が続くとどうなるのでしょうか?

 

実は記憶力が低下するといわれています。

 

また新陳代謝が低下して、体全体の老化現象が進みます。

 

 

アンチエイジングのためにも女性は亜鉛を豊富に含むものを食べたいものです。

 

亜鉛を多く含む食べ物の代表としては牡蠣があります。

 

牡蠣を毎日食べるのは大変なことで、時期的なものもありますから、肉を食べることがオススメです。

 

レバーなどには大変多く亜鉛が含まれていますが、クセもありますし、食べられない人もいますから、牛もも肉などを食べるようにしましょう。

 

豚肉などにも亜鉛は含まれていますから、食事を用意する場合は、買い物の際に、亜鉛が多く含まれているものを必然的に選びながら買い物をすると良いでしょう。