亜鉛の過剰摂取は危険なの?主な亜鉛の副作用について

亜鉛 危険

 

亜鉛は食品またはサプリメントから多く摂取しても、比較的副作用のない成分の1つです。

 

亜鉛は比較的毒性が弱い成分なので、重篤な副作用を認められないケースが多いのです。

 

また過剰摂取が原因で体に亜鉛が多く取り込まれると余分な分は便または尿から排出されていきます。

 

不足すると積極的に取り入れようと腸から吸収が進みますから、亜鉛の量は適度に保たれていることになります。

 

 

しかし長期間に渡って過剰摂取が続くと話は違ってきます。

 

亜鉛の過剰摂取が続くと鉄と銅の欠乏症を起こす可能性が高くなるのです。

 

さらに、コレステロール・糖代謝の異常、白血球減少、免疫力低下などのリスクがあります。

 

 

また急性亜鉛中毒というものもあります。

 

こちらは主にめまいや吐き気、嘔吐、発熱などを伴います。

 

 

しかし普段の食生活でこのようなことはまず起こりえません。

 

ですから、亜鉛の過剰摂取はサプリメントの摂りすぎが原因となって起こることとなります。

 

>>逆に亜鉛の不足によって身体におこりえる症状はこちら

 

 

手軽だからこそ多く摂取してしまう恐れのあるサプリメントなので、原則として商品に表記されている1日量を超えないようにしましょう。

 

亜鉛サプリメントもよかれと思って1日量以上を長期に渡って飲んでいるとこのような副作用が出てくる可能性があります。

 

おかしいのが亜鉛は免疫力をアップさせるものであるのに、過剰摂取によると免疫力が低下するというところですね。

 

 

サプリメントで亜鉛を摂取するのは大変手軽で良い方法です。

 

しかし一時的に20000mg以上も亜鉛を摂取すると急性中毒になりますから、サプリメントも健康食品とは言え、パッケージに記載された量以上を飲むのはやめておきましょう。

 

例え毎日飲んでいて、1日飲み忘れたからといって余分に飲む、ということも避けましょう。

 

 

1日くらいは亜鉛摂取がなくても問題はありません。

 

それよりは副作用のことも考えて、過剰摂取にならず、適量体内に亜鉛を温存しておくことが健康への近道となっているのです。